カーラッピングについて詳しくご紹介します

最近街角などでボディーに鮮やかな広告を施したバスなどがよく走っています。
写真なども使われていて大変鮮やかで注目を集めます。
これは塗料を用いて塗装を行ったというものではありません。
カーラッピングと呼ばれるこの技術は、従来の人手により塗料を塗る方法とは違い大変精密で鮮やかな色の表現が可能です。
また簡単に合わせるという特徴も持っていますので、広告期間が終わった後には簡単にはがせて別の広告に張り替えることも容易です。

カーラッピングと塗装の違いを比較して紹介

カーラッピングと塗装の違いを比較して紹介 通常の塗装法とは違い、カーラッピングを行う際にはあらかじめコンピューターなどで作成したデザインを高分子フィルムに印刷します。
このような手法をとることによって、非常に細かなデザインや色合いなどを生活に再現することが可能です。
よく用いられるものとしては製品の写真などがありますが、大変大きく映し出すことが可能ですので、非常に印象に残るものとなります。
カーラッピングの従来の塗装技術とのもう一つの違いは、フィルムを貼り付けるだけですので簡単にはがせるということです。
短時間で簡単にはがすことは可能ですので、掲載する期間が終わればすぐに別の広告をおこなうということも簡単にできます。
このようにカーラッピングは従来法に比べ大変優れた特徴を持っています。

カーラッピングと塗装の違いと比較ポイントとは

カーラッピングと塗装の違いと比較ポイントとは 自動車のイメージチェンジを行おうと考えたときに頭に浮かぶのが、カーラッピングやとそうではないでしょうか。
しかしこの二つの違いをしっかりと理解している人はそう多くはないので、いざ選ぶとなればどちらが良いかで悩んでしまいがちです。
塗装に比べるとラッピングは、剥がしやすく再現性が高い点が特徴となっています。
グラフィックスをデジタルプリンターで出力するので、写真などの細かな表現にも対応することができたり、色味も統一に仕上げることが可能です。
施工期間の違いにも注目しておくべきであり、ラッピングは施工自体は一日から二日程度で完了するので方向性やデザインが決まればあっという間に仕上げてもらうことができます。
比較しやすいポイントでありきになるのは、やはり金銭眉の違いではないでしょうか。
カーラッピングは下地処理が不要な分スピーディーというのはもちろんの事、工賃が比較的リーズナブルという点が魅力の一つとなっています。
もちろんフルラッピングだったり、デザインが特別でこだわりがある場合には金銭面の負担は大きくなります。
部分的な簡単なラッピングの場合には、かなりリーズナブルな料金であり簡単に剥がせるのでチャレンジしやすいのも特徴です。

おすすめのカーラッピング情報サイト

カーラッピング 大阪