ラッピングと塗装

ラッピングと塗装

ラッピングと塗装 カーラッピングにすべきか、それともその他の塗装にすべきか迷う人も多いかと思われますが、塗装による仕上がりは塗装業者や施工スタッフの技術力で表現力が変わる、熟練の職人さんに依頼すれば満足できる仕上がりになるけれども、場合により色むらが生じる可能性があります。これに対してカーラッピングはパソコンで作ったグラフィックスをデジタル出力するので写真などにも対応可能、色味そのものも統一できるのでコーポレートカラーなどのような色校正が必要なシーンでも有効です。施工に要する期間は、塗装では3週間前後が目安になりますが、カーラッピングでは1~2日で完成するなど施工期間の違いもありますし、価格においても車両の数が多くなると塗装では1台ずつ施工するため期間が長くなりがちです。耐用年数については塗装では10年前後ですが、カーラッピングは3~5年が一般的で手洗いによる洗車が基本など塗装よりも耐久性そのものに違いが存在します。

カーラッピング塗装と、その他の方法の違い

カーラッピング塗装と、その他の方法の違い 車に塗装を行うにはカーラッピングや実際に車に塗る方法が一般的ですが、それらにはそれぞれ違いがあります。リースカーなどは実際に塗ってしまうのは難しいことが多かったり、元の状態にすることが困難なこともあるためレンタカーやリースカーにペイントすることは避けた方が良いですが、カーラッピングではラッピングをはがすだけで元に戻すことが出来るので、その他の方法と比べて比較的簡単に車に絵や文字を描くことが出来ます。
返却時にカーラッピングに使用したフィルムを剥がせばリースしたときの状態へと回復が可能なので、レンタカーやリースカーなどに最適な方法です。また、自分が所有している車にペイントをした時も他の方法に比べて簡単にカーラッピングをはがして違う塗装にしたり、元に戻したりすることが出来るので、車に比較的自由にペイントを行うことが出来るので人気のある方法です。ペイント方法にも違う点があり、ラッピングカーで使用されるフィルムはコンピュータで制御された印刷技術を使っているので正確な絵柄の再現が可能で、全く同じものが複数枚作成可能なことが一般的なペイント方法との違いの一つとなっています。全く同じ絵柄の車を複数台作成できるので営業車などにもおすすめの方法です。